杜仲茶のカフェインは?

杜仲茶 効果

 

ダイエットや便秘解消に効果的なのにも関わらず、下剤成分を一切含んでいない事から妊娠中や授乳中の方でも安心して飲む事が出来ると人気を集めている杜仲茶と言う健康茶があります。

 

この杜仲茶には、カフェインが一切含まれてません。カフェインといえば、過剰摂取してしまうと例え授乳中でも赤ちゃんに悪影響を及ぼすと言われています。また母体にもあまり良い成分とは言いにくいですね。
 

 

また紅茶を好む女性は多いですが、紅茶にはカフェインが非常に多く含まれているので、こちらも飲み過ぎは控えたほうが良いです。

 

それに対して杜仲茶はノンカフェインですので、安心の健康茶といえますので、カフェインが苦手な方は特に大変おすすめです!

 

カテキンの含有量も重要!

 

妊娠中、赤ちゃんに栄養を与えているのは、母体の血液なのは有名ですね。

 

血液は鉄分からできているので、つまりカテキンを過剰に摂ってしまうと赤ちゃんに与える栄養が少なくなるのは勿論の事、お母さんも貧血が起こりやすくなってしまうのです。

 

 

授乳中でも同じ事が言えます。母乳は胸にある乳腺という機能で血液を母乳にして赤ちゃんに与えています。

 

授乳中のお母さんは、出来るだけ多くの鉄分を摂取する必要があるにも関わらず、カテキンを多く摂ってしまうと貧血に陥ってしまうのは当たり前の事ですね。

 

ですので、必要な鉄分をしっかりと体内に吸収しつつ、健康茶を飲みたい人はしっかりとお茶にふくまれるカテキンの含有量を知り飲む量を調整していく必要があります。

 

飲み過ぎだけは避けましょう

 

また、プアール茶に含まれているカテキンは、重合カテキンというもので、これの効果は食事をした時に食べ物に含まれる脂肪分を体内に吸収するのを抑えるというものです。

 

この効果がダイエットに効果があるといわれる理由でもありますが、実は一緒に鉄分の吸収も少し抑えてしまうのです。

 

かと言って一切飲んではいけないわけではもちろんありません。一日に1〜2杯程度でとどめてみたり、少し薄めて飲むなど工夫していれば上記のような副作用は心配ありません。

 

またこれは、ダイエット茶として大人気のプーアル茶だけに限らず、緑茶や煎茶にも同じ事が言えるので注意してください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

お茶 ダイエット の効果ページへ

ノンカフェインが嬉しい!関連ページ

効果について
杜仲茶の効果や効能について詳しく解説しています。カフェインが入っていませんので、子供からお年寄りまで安心して飲める杜仲茶ですが、健康やダイエットにもとても効果的だということを、わかりやすく紹介しています。
便秘解消して痩せる
杜仲茶の便秘解消の効果や、効能について詳しく解説しています。豊富なビタミンとミネラルが入っているため、ダイエットにも効果的で、ゆっくりと痩せる体質になっていくのも杜仲茶の魅力の一つであると、詳しく紹介しています。
妊娠中もおすすめ 杜仲茶を飲もう
効能や副作用は?
杜仲茶の効能や副作用について、詳しく解説しています。カフェインも入っていないので、子供からお年寄りまで幅広く愛されている杜仲茶ですが、妊婦さんは大丈夫なのか説明しています。それとメンタル面でも、リラックス効果がある事など紹介しています。
杜仲茶でメタボ予防!
男性のみならず女性にも増えてきている、メタボや肥満を解消してくれる杜仲茶について、解説しています。杜仲茶の効能には、血液をサラサラにしてくれたり、コレステロールを下げてくれたり、脂肪を燃焼させる働きがあることについて説明しています。