妊活中に飲むお茶とカフェインの関係とは?

妊活中 女性
子供がほしくて妊活している女性はたくさんいます。いざ今日から妊活するぞ!と思った時、たばこやアルコールなど体に悪影響がある可能性のものは制御しなくてはいけません。

 

そして、妊娠するとカフェインの摂取を控えなければいけないという話もよく耳にします。しかし、実は意外にカフェインは身近なものに含まれているケースが多いのです。そこで今日は、妊活とカフェインの関係についてお伝えしたいと思います。

 

 

カフェインの摂りすぎは危険!

主婦 バツ

妊活中はカフェインの摂りすぎに注意しなければいけません。お茶を飲んではいけないということではありません。あくまで摂りすぎに注意ということなのです。では、カフェインはどのようなものに含まれているのでしょうか?

 

一番先に思い浮かぶのはコーヒーですよね。コーヒー以外にも、緑茶や紅茶、ほうじ茶などにも含まれていますしかし、絶対に口にしてはいけないものではありませんので、摂取量を守れば問題はありません。実際、どれくらいなら飲んでも良いというきちんとした量が決まっているわけではありません。

 

お医者さんによって意見が違うのです。ですので、お医者さんに相談して量を決めるようにしてくださいね。

 

どうしてカフェインはダメなの?

花 装飾

では、どうして妊活中の人がカフェインの摂取量に気を付けなければいけないのでしょうか。実は誤解されている方が多いのですが、カフェインは私たちの体に必要な栄養素ではありません。

 

あまりに摂取してしまうと、体が冷えてしまったり、冷えは妊活の大敵なんですよ。また、カフェインには利尿作用があります。摂りすぎてしまうとミネラル分が不足してしまう可能性があります。よく、寝る前にコーヒーを飲むと目が覚めると言われるように、覚醒作用があります。

 

子供がほしい人にとって、睡眠は非常に重要です。ですので、カフェインを摂りすぎて眠れないということがないようにしてくださいね。他にも摂取しすぎると様々なデメリットがあります。健康であれば問題ないですが、これから子供を作ろうと考えている人にとっては逆効果になってしまう可能性があります。

 

⇒ TOPページ おすすめ お茶ダイエット

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る