ヤーコンが持つ健康効果とは?

ヤーコン 効能

 

ヤーコンは、キク科の根菜です。南米のアンデス地方では、インカ帝国の時代から生産されていました。

 

日本に伝わったのは1980年代。入荷した当時の知名度は低かったのだそうです。しかし地道な研究の末、ヤーコンにはフラクトオリゴ糖が豊富に含まれているということが発見されました。

 

以降、ヤーコン茶 効能の知名度と人気は一気に高まります。

 

 

日本国内でも生産されているヤーコンとは?

ヤーコン茶,ヤーコン茶 ダイエット

日本国内では主に北海道や香川県などで生産されています。

 

10月から12月にかけて収穫の時期を迎え、1か月から2か月の間保存された後に出荷されています。ヤーコンが旬を迎えるのは、11活から2月の間です。

 

ヤーコン芋は、オリゴ糖の塊のようなお芋と呼ばれています。

 

お茶としてだけでなく、千切りにしてサラダに、また揚げ物や炒め物としてたくさんの料理法が紹介されています。

 

ヤーコン芋にはフラクトオリゴ糖の他にも、ミネラル、カリウム、マグネシウム、されにカテキンなどの栄養素も豊富に含まれています。

 

ヤーコン茶のフラクトオリゴ糖 効能とは?

ヤーコン茶 効能

ヤーコンの葉の部分と茎の部分は、ヤーコンのお茶 原料となります。このお茶もヤーコン芋同様に、体にとても良い効果をもたらしてくれる今注目のお茶です。

 

フラクトオリゴ糖 効果の特徴は、体内に吸収されにくいという点です。

 

 

そのため、食事の際にヤーコン茶を飲むと、血糖値が急激に上昇することを防ぐ効果があるのだそうです。

 

血糖値を気にしている方々の間では、「薬ではないので副作用をそれほど気にしなくてもよい」という理由で、ヤーコン茶を愛用されている方がたくさんいらっしゃいます。

 

糖尿病を患っていらっしゃる患者さんには、食事療法にも用いられているのだそうです。

 

ヤーコン茶 クロロゲン酸のダイエット効果!

 

茎と葉の部分にたくさん含まれているクロロゲン酸には、脂肪燃焼を促進させる働きを持っているので、高いダイエット効果があります。

 

ヤーコン茶 クロロゲン酸,ヤーコン茶 フラクトオリゴ糖

クロロゲン酸は、コーヒーにも多く含まれることでも知られていますね。しかし、コーヒーにはクロロゲン酸の他にも、カフェインも含んでいます。

 

 

これに対してヤーコン茶はカフェインレスのお茶なので、あらゆる年齢の方が安心して飲むことが可能です。

 

また、クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので高い抗酸化作用があり、エイジングケア効果も持っています。
お茶 抗酸化作用でアンチエイジング ページもチェック!

 

血糖値の上昇を抑える効果の高いフラクトオリゴ糖には、善玉菌と呼ばれるビフィズス菌を増加する整腸作用があるので、腸内環境を整えてくれます。

 

ヤーコン茶で便秘解消!

ヤーコン 茶 便秘

さらにヤーコン茶は豊富な食物繊維も含んでいるので、便秘の症状も改善する働きも持っています。

 

これらのことを踏まえると、ヤーコン茶はダイエット効果と、アンチエイジング効果に加えて、デトックスの効果も併せ持っているということになりますね。

 

 

健康と美容に優れた効果をもたらしてくれるヤーコン茶ですが、体質によってはアレルギー反応が出る場合もあります。

 

そして便秘に良い効果をもたらしてくれるので、もともと便秘体質でない方が大量に摂取すると、下痢気味になってしまうという危険性もあります。

 

ですので、もしアレルギーや便秘のことが気になるという方は、少量ずつ摂取してみることをお勧めします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

◆TOP ⇒ ダイエット茶 ランキングページ