烏龍茶が持つ健康効果

ウーロン茶 ポリフェノール

 

1つの茶葉から、製造段階の違いによって、私たちが日常生活で慣れ親しんでいるお茶が生成されるということをご存知でしたか?

 

日本人にとって昔から慣れ親しまれ続けている緑茶、ティータイムや朝食のお供として欠かせない紅茶、そして健康な体の維持や美容効果に優れた効果を発揮する烏龍茶。

 

この3種類のお茶の原料となる茶葉は、実はすべて同じなのです。

 

 

烏龍茶が出来る工程について

葉っぱ

摘み取られた後に、茶葉内に含まれる酵素を、加熱によって不活性化させて乾燥させたのが緑茶、茶葉に含まれる酸化酵素の働きで発酵させたのちに、乾燥させたものが紅茶や烏龍茶なのだそうです。

 

さらに、発酵を途中で止めた状態(半発酵)で完成するのが烏龍茶、完全に発酵させた茶葉が紅茶になります。

 

製造段階の違いによって、茶葉に含まれる成分の割合に差が生じます。

 

この差が、それぞれのお茶に含まれる特徴的な健康効果なのです。ここでは、烏龍茶に含まれる健康効果について詳しくご紹介させていただきます。

 

烏龍茶に含まれるポリフェノールとは?

ウーロン茶

烏龍茶が、ほかのお茶に比べて多く含んでいる栄養成分は、ポリフェノールです。

 

ポリフェノールといえばアンチエイジング効果が高いということで、美容効果の高い成分としての知名度は抜群ですね。

 

実は、ポリフェノールには美容効果とともに、健康効果にも良い影響をもたらしてくれるのです。

 

ポリフェノールには、コレステロール値を高めたり、体内の中性脂肪の量を増やす原因となる過酸化脂質の生成を、抑制する効果があります。過酸化脂質の生成を抑制することは、動脈硬化予防につながるといわれています。

 

ポリフェノールに含まれる血流をよくする効果は、美容効果に良い影響をもたらしてくれると同時に、体を冷えから防いでくれる効果も期待されますし、脳梗塞の予防にもとても良いのだそうです。

 

ポリフェノールでダイエット効果

メタボ 女性

烏龍茶の効果として抜群の知名度を誇っているのが、ダイエット効果ですね。烏龍茶に含まれるポリフェノールは、烏龍茶重合ポリフェノールと呼ばれています。

 

烏龍茶重合ポリフェノールは、脂肪の燃焼効果や体内での脂肪の吸収を抑制する効果を持っています。

 

この効果の高さが、烏龍茶がダイエットに適したお茶であるといわれている理由の一つです。

 

体に脂肪が溜まってしまうと、肥満体型になるのはもちろん、健康な体作り自体を阻害してしまう原因の一つにもなりますね。

 

烏龍茶のダイエット効果は、同時に体脂肪率の減少効果も期待されているのです。

 

烏龍茶の効果的な飲み方について

太陽

美容と健康に気を使う女性の間では、烏龍茶が体にもたらす良い効果をよりよく摂取するために、起床後や朝食時に烏龍茶を飲む、朝ウーロンという烏龍茶の飲み方が注目を集めています。

 

また、健康診断の前日に、どうしても空腹に耐えられない場合に飲んでもいいとされている飲み物の中にも、烏龍茶は含まれています。

 

健康診断の前日の飲む場合は、血液検査のみの診断であれば、烏龍茶の摂取は良いとされていますが、胃カメラを使っての検診受ける場合には、前日の烏龍茶の摂取は控えましょう。

 

美容と健康を維持するために、烏龍茶は欠かせないお茶なのですね。

 

だからといってたくさん飲みすぎてしまうと、烏龍茶内に含まれているカフェイン成分によって、逆に体に悪影響を及ぼしてしまうという危険性もあります。

 

目安としては成人でコップ3〜4杯分といわれているので、食事の際に飲むお茶として一杯づつ摂取することが、烏龍茶の健康効果をよりよく摂取できる飲み方だといえますね。

 

⇒ TOPページ お茶ダイエット ランキング

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る