日本でも馴染みの深い緑茶のルーツについて

緑茶とは?

 

緑茶 香り,緑茶 味わい,中国茶 緑茶

中国の緑茶ついて言うと、日本と一緒で最も多く大量に生産していて、一番飲まれているお茶になります。

 

日本のお茶と比較しての違う部分は、香りを大事にするということになります。逆に日本のお茶に関していいいますと、味わいに重きを置いているような気がします。

 

 

中国の緑茶は生産地や品種から、たくさんの香りを堪能することができます。中国緑茶の楽しみの一つといってもいいでしょう。

 

緑茶の生産している地域は、中国茶を作り上げている省では、絶対作っているほどです。そして、歴史もかなり長く、中国茶の基本の製作方法といえます。

 

わが国では、中国茶と尋ねられると、烏龍茶と思い浮かべる方が多いと思いますが、 中国では緑茶が、日本と同じように、一般的な中国茶になります。

 

日本のお茶のルーツとしても有名な、中国の緑茶を、一度は堪能してみると良いと思います。最近では、日本でも、中国の緑茶を支持するファンも増えてきました。茶カテキンを豊富に含む緑茶は、ダイエット お茶としても、中国として有名です。

 

不発酵茶 緑茶 は、茶葉を摘み取った後に、直ぐに釜炒りと言えるものをして、発酵をさせないお茶になります。緑茶は、普通は70〜80℃が適温になりますが、新茶を飲む場合は、若干低めの60〜70℃が適温になります。

 

中国の緑茶の味とは?

 

緑茶 香り,緑茶 味わい,中国茶 緑茶

ナチュラルで艶があり、新鮮な香りのする味になります。先程もいいましたが、中国でいちばん飲まれている中国茶が緑茶になります。

 

中国茶の総生産量の80%が、こちらの緑茶になるのだから、本当にびっくりですよね。

 

烏龍茶やダイエット プーアール茶よりも、たくさん飲まれているということになります。

 

摘み取った際に、発酵をしないで作る工程に関しましては、日本の緑茶とほぼ同じです。しかし、日本で作る緑茶は、蒸して加熱する方法に対し、中国の緑茶は炒る方法をとります。

 

この製法が違うことにより、香りや味わいが変わってくるとされています。洞庭湖付近の碧螺春、杭州近郊の龍井、黄山の毛峰が人気の中国緑茶の産地になります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

緑茶(りょくちゃ)関連ページ

黒茶(こくちゃ、くろちゃ)
中国茶の一つ、黒茶の種類や特徴について、詳しく解説しています。黒茶の中で有名なプーアル茶のダイエット効果や効能についても紹介しています。黒茶の発酵の仕方や、生産地についてもくわしく説明しています。
紅茶(こうちゃ)
中国茶の特徴として、インド産やスリランカ産と比べてタンニンが少なく甘いのが特徴ということについて、紹介しています。紅茶の歴史として、過去に英国とアヘン戦争をしたことや、それ以降インドでダージリンが生産されたことについて説明しています。
青茶(あおちゃ、せいちゃ)
青茶は中国茶の一つで、主に日本では烏龍茶として、有名なお茶になります。そんな青茶の特徴、味や匂いに関して詳しく解説しています。青茶の制作方法により、種類がたくさんあることについてや、アンチエイジングや、美肌効果についても紹介しています。
白茶(はくちゃ、しろちゃ)
白茶とは中国茶のひとつで、ほぼ福建省で生産されている貴重なお茶になります。白茶の効能や味について、詳しく解説しています。白茶の歴史や、発酵の仕方についても説明しています。白毫銀針や、白牡丹といった有名な白茶を、紹介しています。
黄茶(きちゃ)
黄茶の製造工程について、詳しく解説しています。緑茶とプーアル茶の中間の特徴を持つ、黄茶の味や色、効果や効能についても説明しています。皇帝が古くから飲まれていたことや高級茶であることについても紹介しています。