紅茶の発酵方法や産地や歴史について

紅茶とは?

 

紅茶 特徴,紅茶 歴史,紅茶 英国

茶葉を完全な状態の、100%で発酵させて出来たお茶が、紅茶になります。特徴として、他の中国茶とは違う風変わりな匂いや香りがします。

 

他の茶葉との大きな違いとして、最後まで発酵をするため、発酵を制御したりしないので、釜で焙る工程が一切ないのが特徴になります。

 

中国茶の紅茶は、一般的な紅茶とは異なり、普通にストレートで飲むことが多いのですが、好きなように通常の紅茶として、レモンやミルクなどを入れて飲むのも美味しいと思います。お茶 効能として、脂肪分解をしてくれる働きがありますので、ダイエット お茶としても飲まれています。

 

さらに、抗酸化防止の効果により、お茶 美肌効果も期待できます。

 

インド産のアッサムやダージリン、スリランカ産などの紅茶と比べると、タンニンを抑えてありますので、味は渋みがなく甘くスッキリとした印象です

 

種類ですが、小種紅茶、紅砕紅茶、工夫(クンフー)紅茶、に区分されています。

 

完全発酵茶 紅茶は、茶葉をきっちりと最後まで発酵させて出来るお茶になります。中国茶の紅茶から世界に広まったとされています。

 

紅茶(お湯は95〜100゜Cで)と、若干高めの温度で飲むのが適温とされています。

 

 

紅茶の産地や歴史とは?

 

紅茶 特徴,紅茶 歴史,紅茶 英国

中国の紅茶といえば、福建省の武夷山、星村で生産されている正山小種(ラプサンスーチョン)が高い人気を誇っています。

 

また、人気が高い紅茶として、安徽省で作られている祁門紅茶(きーむんこうちゃ)があります。

 

 

紅茶と尋ねられると、イギリスと答える方が多いと思いますが、英国の紅茶についていうと、本来は中国の紅茶を輸入していたものになります。

 

過去に起きたアヘン戦争で、イギリスが紅茶の料金を払えなくなり、代金をアヘンで代用したことにより起きた戦争になります。

 

それ以降、イギリスの植民地とされていたインドのアッサムダージリン、スリランカのセイロン等で、紅茶を生産し始めました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

⇒ TOPページ ダイエット茶 おすすめ

紅茶(こうちゃ)関連ページ

黒茶(こくちゃ、くろちゃ)
中国茶の一つ、黒茶の種類や特徴について、詳しく解説しています。黒茶の中で有名なプーアル茶のダイエット効果や効能についても紹介しています。黒茶の発酵の仕方や、生産地についてもくわしく説明しています。
緑茶(りょくちゃ)
中国茶の一つ緑茶の、香りや味わいについて、詳しく解説しています。日本の緑茶と、中国茶の緑茶の味や製法の違いについて、説明しています。中国茶の中で、緑茶が一番生産量が高く、もっともポピュラーであることについても紹介しています。
青茶(あおちゃ、せいちゃ)
青茶は中国茶の一つで、主に日本では烏龍茶として、有名なお茶になります。そんな青茶の特徴、味や匂いに関して詳しく解説しています。青茶の制作方法により、種類がたくさんあることについてや、アンチエイジングや、美肌効果についても紹介しています。
白茶(はくちゃ、しろちゃ)
白茶とは中国茶のひとつで、ほぼ福建省で生産されている貴重なお茶になります。白茶の効能や味について、詳しく解説しています。白茶の歴史や、発酵の仕方についても説明しています。白毫銀針や、白牡丹といった有名な白茶を、紹介しています。
黄茶(きちゃ)
黄茶の製造工程について、詳しく解説しています。緑茶とプーアル茶の中間の特徴を持つ、黄茶の味や色、効果や効能についても説明しています。皇帝が古くから飲まれていたことや高級茶であることについても紹介しています。