黒茶の特徴や種類

黒茶とは?

黒茶 便秘,黒茶 種類,黒茶 プーアル茶

黒茶は、微生物を発酵させるこだわりの強い発酵方法で、作っている中国茶になります。こちらの発酵により、黒茶は重厚な陳香と呼ばれる芳しさと奥行きのある風味を生み出しています。

 

日本人には、飲みづらいイメージの強い黒茶ですが、長い間貯蔵されている黒茶は、飲みやすく柔らかい印象があります。

 

近年、中国で黒茶は、四川省、雲南省、広西区、貴州省、湖南省、湖北省、などで作られています。はるか古来より、黒茶はいろいろな民族や人種に提供することを考慮して作られてきたので、民族の伝統や文化を考慮して何種類もの黒茶が制作されています。

 

後発酵茶 黒茶 は、緑茶の製造過程の最中に微生物などの発酵を取り入れることによって出来たお茶になります。黒茶(お湯は95〜100゜Cで)で飲むのが相応しい温度です。

 

日本人好みに製造された美味しいプーアル茶は、飲みやすくダイエット効果も高いのでおすすめです。

 

黒茶の種類とは?

 

プーアール茶

黒茶で一番代表的なのがプーアル茶ですね。酸化による発酵をやめて、水分が残った状態の茶葉を堆積して、湿気の多いところで1年から長いもので25年くらいの年月を寝かします。黒麹菌と呼ばれる細菌が茶葉に付着して、黒い状態になり発酵します。

 

134万人が感動したダイエットプーアール茶

 

沱茶(とうちゃ)

沱茶とは緊圧茶の一つになります。(プーアル茶を素材としている緊圧茶)
下関永昌祥や復春和といわれる茶の商社が、今のお椀型を作成されたと言われています。雲南省下関で作っているものが、1〜2級の散茶をもとにして、白毫がたくさんあり、陳香が嵩み、美味しくてクオリティがひときわ素晴らしいとされています。

 

七子餅茶

七子餅茶も緊圧茶の一つになります。緊圧茶の中において、もっとも高額で価値の高いものになります。七つごと束として、竹の葉で包み込んでいたことにより、七子餅茶と呼ばれる命名されたと言われています。

 

緊茶(きんちゃ)

黒茶 便秘,黒茶 種類,黒茶 プーアル茶

緊茶とは、団茶から遷移した緊圧茶の一つになります。

 

中心的な出荷先はチベットとされていて、清代の時代の頃から、現時点のキノコ型になりました。

 

 

 

康磚茶(こうたんちゃ)

康磚茶は、四川省雅安、楽山などで生成されている南路辺茶で4月頃に摘まれる茶葉で作成されたクオリティが高い緊圧茶になります。

 

黒磚茶(こくたんちゃ)

黒磚茶とは、1940年頃から花磚茶をベースに、茎がたくさん含有される低レベルの黒毛茶を素材として、生産されています。

 

金尖茶(きんせんちゃ)

金尖茶とは、四川省雅安、楽山などで主に生成している南路辺茶で、5月頃に摘まれる茶葉で制作された緊圧茶となります。

 

茯磚茶(ふくたんちゃ) 

茯磚茶は、湖南省の安化、益陽・臨湘、四川省都江堰、北川、平武などで生産されている茶になります。ウイグル族が、よく好んで飲んでいるお茶で、発花というプロセスによって、金花と称されるカビが繁殖されて、凝りに凝った香しさの菌花香がします。

 

方包茶(ほうほうちゃ)

方包茶は、四川省都江堰、北川、平武といった地域で、生産されている西路辺茶の一つです。茎がたくさんあり、重さもかなりありますので、保存は竹籠に入れています。

 

方茶(ほうちゃ)

黒茶 便秘,黒茶 種類,黒茶 プーアル茶

方茶とは、ネーミングでも分かるように、正方形の形をした黒茶になります。

 

古くは、福、祿、寿、喜などの、縁起の良い四つの文字が、描かれていました。

 

 

湘尖茶(しょうせんちゃ)

 

湖南黒毛茶の一から三級を素材として、湘尖一から三号を生産しています。これまでには、茶葉の熟成度やサイズなどでにより、芽尖、白毛尖、天尖、生尖、掴尖、貢尖、郷尖、の7種類に分類されていました。

 

花磚茶(はなたんちゃ)

花磚茶は、黒毛茶を蒸らした状態から、収縮させた緊圧茶になります。

 

花巻茶(はなまきちゃ)

花巻茶とは、百両茶の10倍のサイズにして千両茶に、清の時代から生産されていたとされています。

 

青磚茶(せいたんちゃ)

青磚茶は、老青茶と呼ばれる黒茶をベースに、原材料として生産されています。川の字が描かれているのが、印象強いお茶になります

 

六堡茶(ろっぽちゃ)

広西区の蒼梧県六堡郷と呼ばれる地域で、たくさん摘みあげた大葉の種類といわれる茶葉で、生産されている籠入の緊圧茶になります。

 

中国茶のひとつ黒茶の生産地は?

 

中国雲南省

黒茶 便秘,黒茶 種類,黒茶 プーアル茶

黒茶の生産地は、主にプーアル茶を生産している雲南省が、まず挙げられるくらい有名になります。今日の中国の黒茶は、四川省、雲南省、湖南省、広西区、貴州省、湖北省、といった地域で生産されています。

 

黒茶は種類も豊富で、値段も安いものから高いものまで、ピンキリですので選ぶのが迷ってしまいます。

 

綺麗な空気と環境で生産される、黒茶の代表的なプーアール茶は、健康やダイエットだけでなく、長寿、ストレス緩和など、あらゆる作用が効くことでも有名で、人気のあるおすすめのダイエットティーといっても良いでしょう!!


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

黒茶(こくちゃ、くろちゃ)関連ページ

紅茶(こうちゃ)
中国茶の特徴として、インド産やスリランカ産と比べてタンニンが少なく甘いのが特徴ということについて、紹介しています。紅茶の歴史として、過去に英国とアヘン戦争をしたことや、それ以降インドでダージリンが生産されたことについて説明しています。
緑茶(りょくちゃ)
中国茶の一つ緑茶の、香りや味わいについて、詳しく解説しています。日本の緑茶と、中国茶の緑茶の味や製法の違いについて、説明しています。中国茶の中で、緑茶が一番生産量が高く、もっともポピュラーであることについても紹介しています。
青茶(あおちゃ、せいちゃ)
青茶は中国茶の一つで、主に日本では烏龍茶として、有名なお茶になります。そんな青茶の特徴、味や匂いに関して詳しく解説しています。青茶の制作方法により、種類がたくさんあることについてや、アンチエイジングや、美肌効果についても紹介しています。
白茶(はくちゃ、しろちゃ)
白茶とは中国茶のひとつで、ほぼ福建省で生産されている貴重なお茶になります。白茶の効能や味について、詳しく解説しています。白茶の歴史や、発酵の仕方についても説明しています。白毫銀針や、白牡丹といった有名な白茶を、紹介しています。
黄茶(きちゃ)
黄茶の製造工程について、詳しく解説しています。緑茶とプーアル茶の中間の特徴を持つ、黄茶の味や色、効果や効能についても説明しています。皇帝が古くから飲まれていたことや高級茶であることについても紹介しています。