黄茶の製造工程と味について

黄茶とは?

 

黄茶 味,黄茶 色,黄茶 効能

黄茶の製造方法には、殺青と呼ばれる発酵を一旦止める工程、揉捻と言われる香りを良くする作業をします。

 

そして悶黄とよばれる、こだわりのある工程作業が加わることによって、ほかとは異なった味や、色味の中国茶を作り出しています。

 

中国において、茶の葉が黄色いのと、茶の色合いが黄色いことから、黄葉黄湯と呼ばれる言葉があります。黄茶は、歴史が古く、清代の時代に、曹雪芹が執筆した、長編小説の紅楼夢にもでてきます。

 

弱後発酵茶 黄茶は、緑茶の製造過程が終わった際に、悶黄と呼ばれる、独特の工程で発酵をおこなって、出来たお茶になります。

 

黄茶(お湯は65〜75゜Cで) は、緑茶と比べると、若干低めの温度設定で飲むのが、ベストと言われています。

 

 

黄茶の味とは?

 

黄茶 味,黄茶 色,黄茶 効能

味わいは緑茶に酷似していますが、色みも黄金色と、とても綺麗で、こだわりのあるお茶になります。

 

しいていえば、緑茶と黒茶(プーアール茶)の間のような特徴のあるお茶です。効能も両方の効果を併せ持っていますので、ダイエット茶として、美肌や健康にも効果的だといえます。

 

緑茶を、ほんの少し湿った布によって茶葉を覆い、高い温度で湿度の高いところに、短くて30分、長くて4日ほど放っておくことにより、発酵させます。

 

ダイエット プーアル茶ほど発酵させないので、そこまで渋くない印象になります。

 

古くは、皇帝が好んで飲まれていたとされ、献上していたとされるくらいの、高級茶とされていました。君山銀針などが有名になります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

⇒ TOPページ ダイエット茶

黄茶(きちゃ)関連ページ

黒茶(こくちゃ、くろちゃ)
中国茶の一つ、黒茶の種類や特徴について、詳しく解説しています。黒茶の中で有名なプーアル茶のダイエット効果や効能についても紹介しています。黒茶の発酵の仕方や、生産地についてもくわしく説明しています。
紅茶(こうちゃ)
中国茶の特徴として、インド産やスリランカ産と比べてタンニンが少なく甘いのが特徴ということについて、紹介しています。紅茶の歴史として、過去に英国とアヘン戦争をしたことや、それ以降インドでダージリンが生産されたことについて説明しています。
緑茶(りょくちゃ)
中国茶の一つ緑茶の、香りや味わいについて、詳しく解説しています。日本の緑茶と、中国茶の緑茶の味や製法の違いについて、説明しています。中国茶の中で、緑茶が一番生産量が高く、もっともポピュラーであることについても紹介しています。
青茶(あおちゃ、せいちゃ)
青茶は中国茶の一つで、主に日本では烏龍茶として、有名なお茶になります。そんな青茶の特徴、味や匂いに関して詳しく解説しています。青茶の制作方法により、種類がたくさんあることについてや、アンチエイジングや、美肌効果についても紹介しています。
白茶(はくちゃ、しろちゃ)
白茶とは中国茶のひとつで、ほぼ福建省で生産されている貴重なお茶になります。白茶の効能や味について、詳しく解説しています。白茶の歴史や、発酵の仕方についても説明しています。白毫銀針や、白牡丹といった有名な白茶を、紹介しています。