世界で愛飲されている中国茶とは

中国茶の種類について

 

中国茶 効能,中国茶 種類,中国茶 発酵

まず中国茶(ちゅうごくちゃ)というものは、中国大陸更に台湾で創り出される茶の総称のことを言います。

 

しかし、台湾オリジナルのブランドとなる凍頂烏龍茶や、台湾独自の製造方法で作り上げられる東方美人など、台湾で作り出される茶を中国大陸の茶と区分けして台湾茶の名称を用いるケースもあります。

 

ですが一般的に中国並びに台湾で製造が行われ、および敬愛されて飲まれるものを中国茶として記述されています。

 

主に6種類に分けられています

 

中国茶 効能,中国茶 種類,中国茶 発酵

近年、中国茶として飲まれるものを一つ一つ選り分けると数千種にも達するとされていますが、製法によって、白茶、黄茶、青茶、黒茶、緑茶、紅茶の6種類に区分けされています。

 

それらのものを六大茶類と呼びますが、六大分類は発酵のレベルにより、区別していることとなっています。

 

白茶は微発酵茶、黄茶は弱後発酵茶、青茶は半発酵茶、黒茶は後発酵茶、そして緑茶は不発酵茶、紅茶は全発酵茶になります。それらの中国茶は、中国や台湾だけでなく、様々な国で愛されている飲み物とされて人気を誇っています。

 

中国茶は歴史も長く、健康や長寿にも効果的でダイエットにも効能があるとされていますので、日本でも人気の飲み物になっていますね!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

 

ページ ⇒ ダイエットプーアル茶

中国茶とは?記事一覧

 
黒茶 便秘,黒茶 種類,黒茶 プーアル茶

黒茶とは?黒茶は、微生物を発酵させるこだわりの強い発酵方法で、作っている中国茶になります。こちらの発酵により、黒茶は重厚な陳香と呼ばれる芳しさと奥行きのある風味を生み出しています。日本人には、飲みづらいイメージの強い黒茶ですが、長い間貯蔵されている黒茶は、飲みやすく柔らかい印象があります。近年、中国で黒茶は、四川省、雲南省、広西区、貴州省、湖南省、湖北省、などで作られています。はるか古来より、黒茶...

 
 
紅茶 特徴,紅茶 歴史,紅茶 英国

紅茶とは?茶葉を完全な状態の、100%で発酵させて出来たお茶が、紅茶になります。特徴として、他の中国茶とは違う風変わりな匂いや香りがします。他の茶葉との大きな違いとして、最後まで発酵をするため、発酵を制御したりしないので、釜で焙る工程が一切ないのが特徴になります。中国茶の紅茶は、一般的な紅茶とは異なり、普通にストレートで飲むことが多いのですが、好きなように通常の紅茶として、レモンやミルクなどを入れ...

 
 
緑茶 香り,緑茶 味わい,中国茶 緑茶

緑茶とは?中国の緑茶ついて言うと、日本と一緒で最も多く大量に生産していて、一番飲まれているお茶になります。日本のお茶と比較しての違う部分は、香りを大事にするということになります。逆に日本のお茶に関していいいますと、味わいに重きを置いているような気がします。中国の緑茶は生産地や品種から、たくさんの香りを堪能することができます。中国緑茶の楽しみの一つといってもいいでしょう。緑茶の生産している地域は、中...

 
 
青茶 特徴,青茶 烏龍茶,青茶 種類

青茶とは?青茶と聞かれると、飲んだことないしわからないな〜と答える方が多いと思われますが、実は青茶、日本ではたくさんの方に飲まれていると思います。というのも実は、青茶、中国語ではチンチャといいますが、日本では烏龍茶という名称で販売されています。中国の福建省で生産されているお茶で、近年は、中国から移住した方が台湾でも生産されたことにより、台湾では一般的なお茶として飲まれています。日本においては、台湾...

 
 
白茶 効能,白茶 味,白茶とは

白茶とは?福建省の特産物で、これ以外の場所では、おそらくあまり制作されていないとされています。白茶 色は、中国宋代の徽宗帝が記した大観茶論においては、茶の彩りは純白を最上として本当の色とされる、とあります。そして、宋代においては、茶の良いか悪いかを競わす「闘茶」が建安でスタートして、蔡襄(さいじょう)が書き下ろした茶録によりますと、味の良否だけじゃなく、色味も重要であって、青白が黄白に勝つとされて...

 
 
黄茶 味,黄茶 色,黄茶 効能

黄茶とは?黄茶の製造方法には、殺青と呼ばれる発酵を一旦止める工程、揉捻と言われる香りを良くする作業をします。そして悶黄とよばれる、こだわりのある工程作業が加わることによって、ほかとは異なった味や、色味の中国茶を作り出しています。中国において、茶の葉が黄色いのと、茶の色合いが黄色いことから、黄葉黄湯と呼ばれる言葉があります。黄茶は、歴史が古く、清代の時代に、曹雪芹が執筆した、長編小説の紅楼夢にもでて...