飲み方に決まりはあるの?

中国茶 種類別 飲み方,中国茶 美味しい 飲み方

 

日本で茶道といえば、厳しくルールが決まっていたり、方法なども決まっているイメージがあるかと思います。

 

飲み方もきまっていたりとなんだかお堅いイメージ・・。でもその方が美味しく飲めるのかと思うと、自分が淹れているお茶は本来の良さを引き出せていないのかしら?と疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

 

特に中国茶は種類もかなり豊富ですし、正しい淹れ方なんて難しいのでは?と思うはず。でも安心してください。

 

確かに美味しく飲む方法というのは存在しています。ですが、淹れ方や作法にこれといって決まりはありません。ですので自分に合った飲み方を選択できるのがひとつの特徴でもあります。

 

 

ですが、やはり美味しい飲み方…またはよりこ懊悩を、実感できる飲み方を知りたいと思う方もいらっしゃるかと思いますので、今回は簡単にできる、中国茶の美味しい淹れ方のポイントを、いくつか紹介していきたいと思います。

 

 

種類別の茶器の選び方

お茶 楽しみ方

 

中国茶には本当に種類が多いですが、美味しく淹れる前にできる範囲で、良さを引き出せる茶器を選ぶことも楽しみ方のポイントになってきます。

 

やはり茶器によって、香りの広がり方や茶葉の広がり方…さらにはお湯の温度が、茶葉に伝わるスピードなども変わってくるので、実はとても大切なんです。

 

もちろん普段ご利用いただいている茶器でも、美味しく飲めることには変わりありません。香りも嗜みに含まれる、紅茶や黒茶など発酵度の高い茶葉については、茶壺などしっかりとした物で淹れると、香りが茶器に吸収されてしまうのを防げるので、より美味しい香りや味わいを全部体感することができます。

 

 

次に緑茶などの発酵度の低い茶葉に関しては、香りが吸収されることもあまいないのでガラス製のものなど、今お持ちの茶器で十分かと思います。

 

茶葉別のお湯の温度と淹れるのにかける時間

 

中国茶 種類別 飲み方,中国茶 美味しい 飲み方

上記でも書いている通り、発酵度の高い茶葉プーアル茶など、香りや味わいのコクなどをしっかりと出して、美味しさを全て出す必要があります。

 

ですのでしっかりと高温に近い、どちらかと言えば熱湯に近い温度のお湯で、じっくりと淹れることが大切です。もちろん飲む際にはやけど等しないようにしっかりと気をつけていただきたいです。

 

 

ですがやはり熱い内が美味しいので、できるだけ早く飲む方が良いです。少しの間香りを楽しむと冷めるかもしれません。

 

 

中国茶 種類別 飲み方,中国茶 美味しい 飲み方

逆に発酵度の浅い茶葉は、少し低めのお湯で淹れる時間も少し長めにとっていただき、旨味や味わい深さをじっくりとだしていただくことがオススメです。

 

ですがあまり時間をかけすぎてしまうと、もともと温度が低めなので湯が冷めてしまいますね^^;

 

渋みだけが全面にでてきてしまう可能性もあるので、そこは自身で何度か飲んでみて、適切な淹れ方を見つけていただいて楽しんでいただきたいです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

⇒ TOPページ ダイエット茶 ランキング