日本でも欠かせない 中国茶の存在

茶葉の発酵,茶葉 発酵度

 

健康的な生活習慣に注目されがちな最近。飲み物もお茶が良いですとか豆乳が良いなどと、様々な飲み物があげられていますね。

 

お茶は日本でもとても縁のある飲み物なので、最近では、食事のときなどに日本茶のみならず、台湾茶や中国茶などを取り入れる人も増えてきました。

 

 

特に中国茶の種類には、日本でも有名な烏龍茶なども含まれています。ダイエット茶の効果としても人気が高いです。メタボリックシンドノームなどの生活習慣病などがある今、かなり注目されています。

 

少し苦いものもありますが飲みやすく、身体的に良い効果を実感することができるのも、人気の秘密です。

 

中国茶で聞く 発酵度とは?

 

茶葉の発酵,茶葉 発酵度

日本ではやはり中国茶といえば、先ほども申し上げた烏龍茶を思い浮かべる人が多いのでは?

 

しかしながら、実は他にも多くのお茶が存在し、その数なんと1000種類を超えると言われています。

 

 

この数だけを聞くと個々に差がないのでは?などと思ってしまうかもしれませんが、中国茶は茶葉 発酵の有無や発酵度など、製法によって分類されており、その効能も製法によって、大きく変わってきます。

 

もちろん中国茶葉には歴史があるものが多く、その効果は古くから実証されてきました。烏龍茶以外にも女性に人気のおしゃれなお茶、ジャスミンティなどの紅茶系も中国のものが有名です。

 

中国茶の種類と分類

茶葉の発酵,茶葉 発酵度

 

一般的に発酵を行わない茶葉は緑茶と呼ばれ、お茶自体も緑や黄色に近い色をしています。若葉のような新鮮でスッキリとした飲みごたえのものが多いです。

 

逆に発酵を行うものは、女性の好きな紅茶と呼ばれるものであったり、烏龍茶であったりします。後発酵 プーアル茶も人気が高いですね。

 

 

その色はしっかり時間をかけてお茶を発酵させているので、茶色に近く味わいは深くコクのあるものが多いように思います。また、紅茶であれば茶葉ごとの味が全くちがったりします。

 

これは発酵によりその味わい深さがじっくりと炙り出てきており、発酵していない緑茶と比べるととてもフルーティで味に面白みがあります。

 

緑茶ですと煎れる時間を変えても、濃くなったり薄くなったり…といった感じですが、紅茶の場合ですと、時間をかけると茶葉の持つ深みが徐々にでてくるので味に変化があるなど楽しむことができます。

 

美味しく飲める時間が決まっていて、好みによって少しずつ微調整が必要であったりと、自分の好みに合わすことのできる素晴らしいお茶です。

 

⇒ 中国茶の味わい方 ページもチェック!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

◆ TOP ダイエット茶 ランキング