お茶のポリフェノールの効果とは。

ポリフェノールの効果
 
ポリフェノールは美容や健康に興味のある女性たちの間では有名ですよね。

 

知っているようで、詳しくはどのような働きをするのか分からない‥という人も、たくさんいると思います。

 

お茶にも含まれていて、アンチエイジング等様々な効果が検証されています。

 

今日は、お茶から摂取するポリフェノールの効果についてご紹介いたしますね。

 

ポリフェノールの一種 カテキンとは?

ポリフェノール カテキン

お茶のポリフェノールと言えば、カテキンが一般的です。

 

カテキンはポリフェノールの一種で、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

カテキンは、緑茶などに含まれる渋み成分のことです。私たちの体に様々な健康効果をもたらしてくれるんですよ。

 

例えば殺菌効果。たくさんの病原菌を殺菌してくれる作用があります。また、老化を防止してくれるんですよ。

 

紅茶や烏龍茶にも含まれていますが、特に緑茶に良質のカテキンが含まれていると言われています。

 

緑茶の研究は常に進められていて、身体への効果が証明されています。

 

例えば、お茶でうがいをしたら風邪予防になるとか、お茶を飲めば酔いざめするなどです。

 

免疫力がアップして中性脂肪を抑制してくれることから、ダイエット茶 成分としても注目されています。
食べても痩せる!?方法ページもチェック!

 

健康だけではない 美容面でも効果てきめん!

ポリフェノール カテキン,ポリフェノール 抗酸化

緑茶カテキンなどのポリフェノールは、健康成分というイメージが強いですが、最強の抗酸化成分と言われており、お肌の老化を防いでくれたりするなど強いアンチエイジング効果が期待できます。

 

病気やシミ、シワなどお肌のトラブルを引き起こすと言われている、活性酸素が過剰に増えることがないよう、制御してくれる働きをしてくれるのです。

 

特に緑茶に含まれるポリフェノールの強い抗酸化作用は、ビタミンEの20倍、ビタミンCの10倍のパワーがあると言われ、老化防止に役立つと言われています。

 

ポリフェノール アンチエイジング,ポリフェノール 老化防止

美肌にも効果的なので、積極的に緑茶を摂取している人も増えているほどです。
緑茶のカテキンは万能薬!ページもチェック

 

摂取量に明確な規定は定められていませんし、副作用も報告はされていませんが、あまりにたくさん飲みすぎるのはおススメできません。毎日継続して楽しむ程度くらいをおススメします。

 

あまりに大量に飲んでしまうと、カフェインを大量に摂取しすぎることにもつながりますので、十分気を付けて、おいしく摂取していくようにしましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

◆ TOP ⇒ 痩せるお茶とは?ページ

ポリフェノールでアンチエイジング!関連ページ

サポニン効果でダイエット!
リコピンで血液サラサラに!