茶カテキンの抗菌作用で風邪のウィルス撃退します!

飲むだけじゃない、茶カテキンの効能

 

カテキン 緑茶,カテキン効能,茶カテキン 効果

風邪や、インフルエンザがはやる冬の季節、欠かせないアイテムがお茶です。お茶をおいしく飲んだ後は、出がらしのお茶が、大活躍してくれるのです。

 

お茶でうがいをすると、茶カテキンの抗菌作用、抗ウィルス作用で、風邪やインフルエンザの菌を殺菌してくれるのです。

 

この時、お茶の温度を人肌程度にしておくと、とても気持が良いです。茶カテキン 効果の成分が喉に行きわたるような気がします。

 

また、出がらしのお茶には、この他にも様々な効能があります。お茶で口をゆすぐことによって、口臭予防になるのです。どのお茶でも、口臭予防の効果があると言われていますが、緑茶の予防効果は抜群で、緑茶・ウーロン茶・紅茶の順となっています。

 

さらに、茶カテキンは虫歯の予防にも、一役買ってくれます。茶カテキンが、ミュータンス菌の増殖を抑え、虫歯や歯周病の原因となる細菌の増殖を防いでくれるのです。

 

おいしく頂いた後の出がらしで、喉やお口のケアまでできてしまうなんて、茶カテキンって万能ですね。

 

カテキンが豊富に入っているおすすめのダイエットティー
ダイエットプーアール茶 ページへ

 

風邪には茶カテキン

 

カテキン 緑茶,カテキン効能,茶カテキン 効果

私は、風邪のひき始めに、必ず緑茶を濃く煮出したもので、うがいをします。

 

喉の痛みが酷い場合も、直ぐにマシになりますし、風邪が悪化する事が無く、体調管理に役立っています。

 

緑茶に含まれる茶カテキンの殺菌作用が、風邪の菌に効くのだと思います。

 

また、疲れている時に青魚を食べると、蕁麻疹が出てしまう時があるのですが、緑茶を一緒に飲むと、蕁麻疹は出ません。これも、茶カテキン効果だと思います。

 

ただ、胃腸の弱い人には、緑茶(茶カテキン)をたくさん摂る事は、向いていません。何故なら、茶カテキンにはタンニンが含まれていて、健康なひとには整腸作用が期待出来るのですが、胃腸が弱い人には、胃腸に負担が掛かる可能性があるのです。

 

胃腸が弱い方は、毎日緑茶を飲むなら毎食一杯ずつ、湯飲み三杯までに止めるべきでしょう。

 

私自身も、胃が弱いです。風邪を引いた時に緑茶を飲むと、胃痛がしてきて汚い話になりますが、下痢をよくしてしまいます。ですので、私は風邪を引いたら、緑茶(茶カテキン)はうがい液としてだけ使っている訳です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

風邪予防にも効果的!関連ページ

脂肪燃焼効果でダイエット
カテキンは、主に緑茶に含まれていることでも有名ですが、その茶カテキンの効果や効能について、詳しく解説しています。体内にたまっている脂肪を、燃焼してくれる働きがあり、ダイエットに効果的なことについて紹介しています。
緑茶のカテキンは万能薬
緑茶には、カテキンと呼ばれるポリフェノールの一種の成分が、たくさん含まれています。カテキン緑茶の効能や、効果について詳しく解説しています。その中には、お茶ダイエットとして、脂肪燃焼や美容効果、免疫力を高める効果など、説明しています。
茶カテキンの殺菌パワー
茶カテキンに含まれる効能、殺菌効果により、口臭防止や虫歯予防に効くことについて、詳しく解説しています。更に、カテキンの脂肪燃焼や利尿作用の効果により、美容やダイエットに働きがあることについて、説明しています。
便秘解消に効果的!
緑茶に多く含まれるカテキンによる働きにより、便秘解消、ダイエット効果があることについて、詳しく解説しています。ダイエットプーアル茶によって、便秘で苦しんでいたのに簡単に便秘改善して、毎日飲んでいる話など、紹介しています。
暮らしにも役立つ殺菌効果
カテキンの効能によって、部屋の中を殺菌して消臭する効果があることについて、詳しく解説しています。それと、緑茶の爽やかな香りにより、リラックス効果でストレス解消にもなることについて、説明しています。